Kuraray Polyol

クラレポリオール

クラレはポリエステルポリオールとポリカーボネートポリオールを有しております。 さまざまな分子量のラインアップを取り揃えており、その多くは常温で液状という特長を示します。

特長

液状・低粘度

常温で液状の銘柄が多く、ハンドリング性に優れています。

溶剤溶解性

幅広い溶剤と相溶するため、使用溶剤の選択肢が広がります。

他のポリオールとの相溶性

汎用のポリエステルポリオールのみならず、ポリエーテルポリオールとも相溶します。

  • 左:クラレポリオールP-2010 分子量2,000
    右:ポリブチレンアジぺート 分子量2,000

液状・低粘度

プレポリマーの低粘度化、高固形分化が可能となります。
その結果ハンドリング性に優れています。

ポリエステル
ポリオール
分子量 性状
(25℃)
粘度[mPa・s]
(25℃)
一般グレード      
クラレポリオール
P-510
500 液状 540
クラレポリオール
P-2010
2,000 液状 5,700
クラレポリオール
P-5010
5,000 液状 47,000
3官能グレード      
クラレポリオール
F-2010
2,000 液状 7,200
バイオグレード      
クラレポリオール
P-2050
2,000 液状 5,200
ポリカーボネート
ポリオール
分子量 性状
(25℃)
粘度[mPa・s]
クラレポリオール
C-2090
2,000 液状 4,600@60℃
常温でのポリオールの様子

溶剤溶解性

クラレポリオールは、トルエンなどの強溶剤には任意の割合で溶解します。
また、アルコール類に対しても相溶性に優れています。
このため、ポリオールと共に使用する溶剤の選択肢を広げることが可能となります。

【ポリオールと溶剤の相溶性】

  溶剤比率 溶剤
メタノール イソプロピル
アルコール
トルエン MEK
(メチルエチルケトン)
酢酸エチル
25% 50% 75% 25% 50% 75% 25% 50% 75% 25% 50% 75% 25% 50% 75%
ポリオール P-2010
MPDアジペート
PBA
ポリブチレン
アジペート
× ×
PCL
ポリカプロラクトン
× ×
C-2090
MPD/1,6-ヘキサンジオール
カーボネート
× × × ×
PHC
1,6-ヘキサンジオール
カーボネート
× × × × ×
*全て分子量2000
均一に溶解
白濁(エマルジョン状態)
部分的に溶解
×
分離(不溶)

他のポリオールとの相溶性

クラレポリオールは、ポリエーテルポリオールと相溶します。
ポリエーテルポリオールからなるポリウレタンは耐熱性や耐摩耗性が課題となりますが、クラレポリオールとブレンドすることにより、これらの弱点が改善されます。

【クラレポリオールとポリエーテルポリオールの相溶性(60℃)】

ポリオールの種類 品名 ポリエーテルポリオール
PPG
(2官能)
分子量2000
PPG
(3官能)
分子量3000
PTMG
分子量1000
ポリエステル
分子量1,000
P-1010
MPDアジペート
PBA
ポリブチレンアジペート
× ×
ポリカーボネート
分子量1,000
C-1090
MPD/1,6-ヘキサンジオールカーボネート
×
PHC
1,6-ヘキサンジオールカーボネート
× × ×
相溶
比率により相溶
×
分離または白濁

用途展開

ポリエステルポリオール

  • アジピン酸系:印刷インキ、合成皮革、塗料、TPU(熱可塑性ウレタン)
  • テレフタル酸系:接着剤、塗料、PUD(水系ウレタン)
  • セバシン酸系:エラストマー、TPU

ポリカーボネートポリオール

  • 合成皮革、電子材料、塗料、ウレタンフィルム

ラインアップ

クラレポリオールの銘柄は、組成を反映した命名になっています。
Pシリーズ:ポリエステルポリオール
Fシリーズ:3官能ポリエステルポリオール
Cシリーズ:ポリカーボネートポリオール

ポリエステルポリオールの場合、十と一の位はカルボン酸の種類を表します。
ポリカーボネートポリオールの場合、十と一の位はジオール中のMPDの割合を表します。

ポリウレタンとしての特長

柔軟性
耐久性を保ちつつ、柔軟性を高めることができます。
耐加水分解性
汎用のポリエステルポリールからなるポリウレタンと比べ、耐加水分解性に優れています。
耐摩耗性
ポリエーテルポリオールからなるポリウレタンと比べ、耐摩耗性に優れています。
耐熱性
ポリテトラメチレンエーテルグリコールと比べ、優れた耐熱性を示します。
  ポリエーテルポリオール ポリエステルポリオール ポリカーボネートポリオール
  汎用品 汎用品 クラレポリオール 汎用品 クラレポリオール
  PPG PTMEG PBA P-**10シリーズ
(アジペートタイプ)
P-**50シリーズ
(セバケートタイプ)
P-**11シリーズ
(テレフタレート
+アジペートタイプ)
P-**20シリーズ
(テレフタレート
タイプ)
PHC Cシリーズ
柔軟性 ++ + + ++ ++ + -- - +
低温特性 ++ + - ++ ++ - -- - ++
耐加水分解性 + + -- + ++ + ++ ++ ++
耐酸性 + + -- + ++ ++ ++ ++ ++
耐アルカリ性 + + -- + ++ + ++ ++ ++
透明性 + + -- ++ ++ ++ ++ -- ++
溶剤溶解性 -- -- + + - + ++ + +
耐熱性 -- -- ++ + + + ++ ++ +
耐UV性 -- -- ++ ++ ++ + + ++ ++
接着性 -- -- + ++ + ++ ++ - +
++ + - --
Excellent Good Poor Very poor
PPG
ポリプロピレングリコール
PTMEG
ポリテトラメチレンエーテルグリコール
PBA
ポリブチレンアジペート
PHC
1,6ヘキサンジオールカーボネート
クラレポリオールに関するご相談・お問い合わせはお気軽に。 ※ クラレコーポレートサイトへ移動します お問い合わせ