ポリオールのラインナップ

<クラレポリオール>の銘柄は、組成を反映した命名になっています。
Pシリーズ:ポリエステルポリオール
Fシリーズ:3官能ポリエステルポリオール
Cシリーズ:ポリカーボネートポリオール

ポリエステルポリオールの場合、十と一の位はカルボン酸の種類を表します。
ポリカーボネートポリオールの場合、十と一の位はジオール中のMPDの割合を表します。

銘柄一覧(PDF)

※クリックで開きます

クラレポリオールの推奨銘柄

硬度

柔軟性が求められる用途には、高分子量タイプのポリエステルポリオールや、長鎖のセバシン酸タイプの使用をお奨めします。
また硬度が求められる用途には、骨格に芳香族を含んだP-2020のような銘柄や、C-2090を例とするポリカーボネートポリオールが適しています。

耐水・耐酸・耐アルカリ性

ポリカーボネートポリオールは、良好な耐水性、耐薬品性を示します。
またポリエステルポリオールでは、長鎖のMPD/セバシン酸タイプやMPD/テレフタル酸、MPD/イソフタル酸のタイプが耐水・耐薬品性に優れます。

低粘度・耐摩耗性

MPD/セバシン酸タイプのポリエステルポリオールが、特に低粘度となります。
耐摩耗性に関しては、三官能ポリエステルポリオールやポリカーボネートポリオールが優れています。