クラレポリオールの特徴

液状・低粘度:
常温で液状の銘柄が多く、ハンドリング性に優れています
溶剤溶解性:
幅広い溶剤と相溶するため、使用溶剤の選択肢が広がります
他のポリオールとの相溶性:
汎用のポリエステルポリオールのみならず、ポリエーテルポリオールとも相溶します

液状・低粘度

プレポリマーの低粘度化、高固形分化が可能となります。
その結果、現場施工の用途の作業効率化に寄与します。

ポリエステルポリオール
MPD/アジピン酸
クラレポリオール P-1010
クラレポリオール P-3010
クラレポリオール P-5010
MPD/TMP/アジピン酸
クラレポリオール F-2010
MPD/セバシン酸
クラレポリオール P-2050
分子量 性状(25℃) 粘度[mP・s]
(25℃)
     
1,000 液状 1,500
3,000 液状 13,800
5,000 液状 47,000
     
2,000 液状 7,200
     
2,000 液状 5,200

左: MPDアジペート 分子量2,000
右: ポリブタンジオールアジペート
分子量2,000

溶剤溶解性

MPD系のポリオールは、トルエンなどの強溶剤には任意の割合で溶解します。
また、アルコール類に対しても相溶性に優れています。
このため、ポリオールと共に使用する溶剤の選択肢を広げることが可能となります。

<クラレポリオール>と溶剤の相溶性

polyol/solvent MeOH iPrOH Tol MEK EtOAc
3/1 2/2 1/3 3/1 2/2 1/3 3/1 2/2 1/3 3/1 2/2 1/3 3/1 2/2 1/3
P-2010
PBA × ×
PCL × ×
C-2090 × × × ×
PHC × × × × ×
P-2010
MPDアジペート
PBA
ポリブタンジオールアジペート
PCL
ポリカプロラクトン
C-2090
MPD/1,6-ヘキサンジオールカーボネート
PHC
ポリヘキサンジオールカーボネート
*全て分子量2000

○:均一に溶解
△:白濁(エマルジョン状態)
▲:部分的に溶解
×:分離(不溶)

他のポリオールとの相溶性

P-1010は、ポリエーテルポリオールと相溶します。
ポリエーテルポリオールからなるポリウレタンは耐熱性や耐摩耗性が課題となりますが、<クラレポリオール>とブレンドすることにより、これらの弱点が改善されます。

<クラレポリオール>とポリエーテルポリオールの相溶性(60℃)

ポリオールの種類 分子量 品名 PPG(2官能)
分子量2000
PPG(3官能)
分子量3000
PTMG
分子量1000
ポリエステル 1000 P-1010
PBA × ×
ポリカーボネート 1000 C-1090 ×
PHC × × ×
○:相溶 △:比率により相溶 ×:分離または白濁
P-1010
MPDアジペート
PBA
ポリブタンジオールアジペート
C-1090
MPD/1,6-ヘキサンジオールカーボネート
PHC
ポリヘキサンジオールカーボネート