香料・化粧品原料

イソペンチルジオール(IPD)
CAS No. 2568-33-4 医薬部外品原料規格:適合

イソペンチルジオール(IPD)はユニークな構造・特徴を持つクラレ独自の化粧品原料です。
保湿性・溶解性・静菌性といった機能をバランスよく持ち、刺激や匂いも非常に少なく、人にも環境にもやさしい原料として、ジャンルを問わず幅広い化粧品・トイレタリー製品で採用されています。

※クリックで開きます

処方目的一例

  • 保湿剤として
  • 両親媒性の溶剤として
  • 静菌性を高めるために
  • より良い使用感を生み出すために
  • なめらかで安定した泡をつくるために
  • パウダー製品のバインダーとして

採用実績例

ヘアケア
シャンプー、コンディショナー、トリートメント、スタイリング
スキンケア
クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、保湿クリーム、サンスクリーン
メイクアップ
口紅、パウダーファンデーション、アイシャドウ

その他採用実績多数

溶解性データ

試験概要:100ml共栓付マイヤーに基材約10.0gをとり、注射器で試料を滴下し、分離・固体の残余・不透明となった時点での量を限界点とした。(25℃)

基材(25℃)
エタノール
セタノール
ステアリン酸
オリーブ油
モノステアリン酸グリセリン
トリステアリン酸グリセリン
イソペンチルジオール溶解度(%)
>100
>100
>100
>100
0.4
>100
2
基材(25℃)
エチルヘキサン酸セチル
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム
POE(20)ソルビタンモノステアレート
POEラウリルエーテル硫酸ナトリウム
ラウリル硫酸ナトリウム
流動パラフィン
スクワラン
イソペンチルジオール溶解度(%)
2.7
>100
>100
>100
>100
1.2
0.8

クレンジング性能・使用感パネラー評価試験

試験概要:下表4種の原料をそれぞれ10%ずつ含む水溶液で、ファンデーション・口紅を落とした際の落ち具合(クレンジング性能)、使用感のパネラー評価を行った。

Irfaq社により評価

 
クレンジング性能
ファンデーション
口紅
使用感
みずみずしさ
さっぱり感
肌の柔軟性
イソペンチルジオール プロピレングリコール 1,3-ブチレングリコール ジプロピレングリコール
       
5 5 3 5
8 6 7 7
       
7 5 6 5
8 8 6 7
8 8 7 7
悪い 1 ~ 8 良い

基本物性

沸点
203℃
引火点
116℃(クリーブランド開放式)
凝固点
<-50℃
粘度
250mPa・S
表面張力
70.0mN/m
比重(20/20℃)
0.974~0.982
水への溶解度

その他の用途

インク溶媒、紙処理剤、繊維の吸湿剤、樹脂及び可塑剤の原料、不凍液・冷却液、高沸点溶剤、分散剤、抽出溶剤、界面活性剤、防腐助剤、可塑剤、保湿剤、感触改良剤